新元号【令和】に対応するアップデートの確認方法解(初心者向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新元号【令和】に対応するアップデート確認してみましょう。初心者の方がわかりやすく確認できるように解説しました。

スポンサーリンク

対象のOSやOfficeのバージョン

対象としたOSやOffice
VistaやOffice2007は対象外です

そもそも対象しているOSやOfficeでなければ元号が対応するようにはなりません。対象とはMicrosoftのサポート対象ということです。(ちなみにWindows7/Office2010のサポートが切れるのは来年の1月14日となります。)

インターネットに繋ぐ

いくら対象のパソコンをお持ちでも、ワープロ状態で使用している(インターネットに繋いでいない)のでは更新されません。更新はまずWindowsのアップデートを行います。

インターネットに繋いで更新をする(自動的に更新する設定だと良い)

Windowsアップデート更新の確認方法

WindowsUpdate

更新されているか、WindowsUpdateの確認をする方法は
①スタートボタンをクリック
②設定をクリック
③更新とセキュリティをクリック
④Windows Updateをクリック
最新の状態にします。

マイクロソフトのサイトへのリンク

☆日本の新元号対応に向けて Windows と Office を準備する方法

Windows10意外の場合も上記のリンクをクリックすると詳細があります。

☆2019 年 5 月の日本の元号変更に関する更新プログラム

自動更新が有効ではない場合や、更新プログラムを手動でチェックしたい場合なども詳細があります。

Excelで実際に確認してみよう

日本語入力ONにして、令和1年5月11日 と入力し、「エンターキー」で確定してみましょう。セルの中で右に入力したものが配置されましたか?
数式バーを見ると「2019/5/11」となっているはずです。適応されていればこの様に日付で計算が出来るようになります。

令和1年ではなく、令和元年にしたい場合

セルの書式設定

セルの書式設定で、見え方を変更しましょう。通常は令和の後は数字になり、元年だけは文字なので見え方を変更するようにします。

①セルを選択し、「ホーム」タブの「書式」「セルの書式設定」をクリックします。

セルの書式設定ショートカット:コントロールボタンを押下しながら「1」をクリックします。

文字列はダブルクオーテーションで前後をくくる決まりがあります。

②gggで令和を表す決まりになっています。「e」(一桁の数字を表します)を削除することで「1」が消えます。そうしたら、「”元年”」にしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別お問い合わせはこちらから

時間的に何度も通うことは難しい方は1日速習や数回のみの単発講座がございます。

単発レッスンのページはこちらから

  • また、YouTube(いなわくTV)で動画をご覧いただいた方で、遠方でお越しいただけない場合はは有料でご相談をお受けいたします。対応は、お電話でのサポートやZOOMなどの画面共有を行います。※Googleの規約上、有料で非公開でのYouTubeでの操作説明が出来ません。ご希望の方は下記のお問い合わせフォームにできるだけ詳しくご相談内容をお書きください。メールではない為、返信の連絡先も必ず明記してください。料金はご相談内容により返信の際にご提示させていただいております。1質問あたり1500円となりますがあくまでも確定額ではございません。事前にお見積りの上ご了承いただいた場合に個別授業となりますのでご安心ください。

お問い合わせフォームは、いつでもお時間問わず受付をしております。お気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク





お問い合わせフォームはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください