iPadでインターネットページを書類(PDF)として保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットのページを保存する。お気に入りでもいいけど、印刷したり加工したりするにはやっぱりiPadならPDFがおすすめです。またお気に入りではHPの管理者が削除したら消えてしまうのもPDFとして保存のメリットかもしれませんね。マーカーを引いたりして保管することも出来ます。今回はiPadでインターネットのページをどんな風に保管していくかをご紹介します。

 



テキスト文字を拡大して、余計な画像を削除


インターネットでは、余計なお知らせやチカチカと出る宣伝がうるさい時ありますね。

印刷したい時などは特に感じます。そんな時は画面上部に4本の線があればクリックをして上記のように表示されてからマーカーなどを引いたりしましょう。

 

余計な画像を非表示にするだけでなく、ページの色やフォントを変更したりフォントのサイズも変更することができます。

 

共有


共有先はアイコンをクリックすると選べるようになります。

今回はPDFを作成にしましょう。するとえんぴつのマークが表示されてマーカーを引いたりすることができます。えんぴつで自由に描けるようになります

 

また、図形(四角や吹き出し)を入れられるようになります。

 

保存

PDFとGoogleDrive

 

ibooksへ保存

iPadの既定のアプリ(ibooks)に保存して閲覧することができます。マーカーなどの追加したものもそのまま閲覧可能です。

 

 

GoogleDriveへ保存

デメリットは、マーカーやえんぴつで描いたものは消えてしまいます。(残念)

各社いろいろなサービスがクラウドとして用意されていますね。たとえばAmazonDriveやOneDriveなどなど。インターネットが繋がっていればどこからでも閲覧・ダウンロードが可能な所がメリットです。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

単発・速習 付きっ切りレッスン

ここだけ知りたい!や、就職活動などで急ぎ覚えたい!や、お金をあまりかけられない!という方に向いたレッスンがございます。是非、ご相談ください。きっとあなたに合ったコースが見つかります。

●お問い合わせ:0265-96-7941

お電話は時間外でも大丈夫です。いますぐ!遠慮なくお電話ください。

速習レッスン詳細

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください