【入門】パソコンの文字入力の基本をマスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回の講座は便利な入力のポイントを解説します。動画でご覧いただいているWordの文字練習用のテキストをブログからダウンロードしてお使いください。
タイピングをマスターするには、数をこなして指に覚えさせることが一番大事です。
自由に思いついたままキーボードに打ち込んでみてください。

スポンサーリンク

【入門】パソコンの文字入力の基本をマスター№1

動画の内容

●IME(文字入力)の基本は日本語off
● on/offの切り替え方法
●カーソルの位置から文字削除の方法
●BackSpaceキーとDeleteキーの違い
●間違ってしまった文字を変更するいくつかの方法
●数字の全角と半角 キーボードとテンキーの入力の違いについて
●ファンクションキーの使い方について
●カギカッコの入力
●ディやてぃのスペル
●「ずとづ」「じとぢ」の入力の違い
●小さい文字の入力

IME Word以外は基本OFF

Wordを起動すると日本語入力がONになりますが、基本的にはその他のアプリケーションは日本語がOFFになります。切り替える際にはキーボードの「全角/半角キーを押しましょう。

文字の削除 BackspaceキーとDeleteキーの違い

カーソルがある位置によって、使うキーが異なります。左を削除するにはBackSpaceキー/右を削除するにはDeleteキーで行います。

確定後の文字の変換

文字を確定した後に、漢字が違っていた場合があります。漢字が違うだけで全く意味が違ってしまいますね。その際は削除せずにキーボードの「変換キー」を使いましょう。エクセルやインターネットなどで文字入力する際にも利用できます。

数字の全角と半角

数字を入力する際、IMEを日本語ONの状態ではテンキーで入力すると半角になり、キーボードの上の数字を打つと全角になります。

ただし、そうやって入力しても ●●時の様に変換して違う候補を選んでしまうと結果が違ってしまいますのでご注意ください。あくまでも一度数字を入力して確定した後から「時」のようなものは次に変換すれば間違いないと思います。理解した上で使うことが一番です。

キーの4つの文字の意味

一つのキーには、4つの文字がある場合があります。右半分は「かな入力」の方が使いますのでローマ字入力の人は無視しましょう。ローマ字入力の人が必要なのは左半分です。たとえば上の図でいうと、5%と入力したい場合、5はそのままで入力し、%を入力する時は「shiftキー」を押しながら%を打ちます。

基本の文字入力は日本語onで入力

Wordなどは文字を入力する数も多いはずです。ワードの場合は日本語入力が自動的にONになりますね。ですが、入力には数字や英語やカタカナなどいろいろな文字を入力するでしょう。教室では日本語は「あ」のままで全て入力する方法をお薦めしています。いちいち入力の切り替えをする必要がなくとても快適に文字入力ができるはずです。

英数字やカタカナを入力する時は日本語ONのままで、入力したらすぐに確定せずにファンクションキーを利用します。ファンクションキーはキーボードの上の方に「F●」とあります。

今回利用する主なキーは「F7~F10」までです。

・F7=全角カタカナ
・F8半角カタカナ
・F9全角英数字
・F10半角英数字

記号

〒 「ゆうびん」と入力して変換すると候補に表示されます。この様に日本語を入力してから変換すると表示される記号がたくさんあります。

ヴァイオリン  うに点々の入力方法

うに点は日本語にはありませんね。その場合の入力は「V」「A」を入力します。ちなみに「BA」は、「バ」ですよね。

5,000の入力方法

そのまま5000と入力して変換します。もしくは5、000でも途中で変換される場合もあります。途中で日本語OFFにしてからカンマを入れて、また日本語に戻すという作業は手間なのでおススメしません。(Wordの場合)

メジャーな英語の変換

ExcelやmusicやComputerなどの日本語化した英語は、日本語を入力してから変換でそのまま正しいスペルで表示されます。

【や『などのかっこの入力

キーボードの「む」のキーとその上のキーはセットで覚えましょう。カッコは最初のカッコと終わりのカッコが同じになる必要があるために、カッコのスタイルは最初のカッコだけ選びます。終わりのカッコは「む」の上のキーを押してエンターキーを押せば自動的に最初のカッコと同じスタイルで確定します。

タイピング練習サイト

タイピングサイト(寿司打)
http://typing.sakura.ne.jp/sushida/

タイピングサイト(e-typing)
https://www.e-typing.ne.jp/roma/check/

動画内練習用Wordテキスト

(講座で使用しているファイルはダウンロード可能です。動画を観ながら練習にお使いください。その際、インターネットからのダウンロードファイルは必ずウイルス感染されている可能性がございますという表記をします。こちらのファイルは安心してお使いください。編集を有効にすることも必ず行ってください。)

文字の練習Wordファイルデータ

文字入力№2 便利な入力編

●たくさんある一覧から文字変換
●下記の通り とうり 音読み・訓読み以外からの入力
●IMEパッド 手書き 画数 部首 ソフトキーボード
●オートコレクト
●単語の登録
●エクセル入力の基本

たくさんある候補一覧から選ぶ

たくさん候補がある漢字ってありますね。その場合は表示を選んで(上図)候補一覧(上図2)から選択するとらくです。

読めない字の入力方法 IMEパッドの使い方

IMEパッドは、パソコンの画面右下に「あ」とある所を右クリックします。表示された一覧から「IMEパッド」をクリックします。

左のメニューには上から順に、「手書き」「文字一覧」「ソフトキーボード」「画数」「部首」があります。今回は手書きを利用します。手書きのポイントはしっかり形を教えてあげることです。学校で習ったように止めや払いなど気にする必要はありません。書き方の順番も必要ありません。

オートコレクト

オートコレクトとは、入力時のスペルミスを自動的に修正する機能の事です。

オートコレクトを表示させて、設定をしましょう。

「ファイル」「オプション」「文章校正」「オートコレクトのオプション」

上図のように設定をします。追加ボタンを押すのを忘れないようにしましょう。設定が完了したら、OKボタンを押下します。

単語の登録

単語を登録することで、設定したパソコンでどのアプリケーションを利用しても変換することで表示することができるようになります。たとえばすぐに変換されない名前や、よく使う住所、間違いやすいメールアドレスなどを登録しておくとよいでしょう。

パソコンの文字入力(完結編)

━━━━━━━━━━━━━━━
☆今回の動画の内容はこちらです
━━━━━━━━━━━━━━━
●文字を確定した後から変換
●住所入力
●英数字 ファンクションキー
●カギカッコ
●小さい字
●特殊文字
●キーボード NumLockやInsertキーやEscキー
●文節区切り

練習用ダウンロードデータはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

個別お問い合わせはこちらから

時間的に何度も通うことは難しい方は1日速習や数回のみの単発講座がございます。

単発レッスンのページはこちらから

  • また、YouTube(いなわくTV)で動画をご覧いただいた方で、遠方でお越しいただけない場合はは有料でご相談をお受けいたします。対応は、お電話でのサポートやZOOMなどの画面共有を行います。※Googleの規約上、有料で非公開でのYouTubeでの操作説明が出来ません。ご希望の方は下記のお問い合わせフォームにできるだけ詳しくご相談内容をお書きください。メールではない為、返信の連絡先も必ず明記してください。料金はご相談内容により返信の際にご提示させていただいております。1質問あたり1500円となりますがあくまでも確定額ではございません。事前にお見積りの上ご了承いただいた場合に個別授業となりますのでご安心ください。

お問い合わせフォームは、いつでもお時間問わず受付をしております。お気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク





お問い合わせフォームはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください