【初心者/Word】(編集記号編)困ったさんシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


Wordの画面に表示されるいろいろなマーク/記号について解説します。




━━━━━━━━━━━━━━━
☆今回の動画の内容はこちらです
━━━━━━━━━━━━━━━
編集記号について解説
●見出し
●アウトライン
●目次の作成 見出し1だけが目次に表示されるようにする
●改ページのショートカットキー
●タブ
●揺らぎ
●段落内改行
●半角スペースのマーク
●リボンが自動的に折りたたまれてしまう
●アンカー













見出し/アウトライン/見出し1だけが目次に表示されるようにする








見出しの編集マークです。印刷されることはありません(笑)公民館では意図していないのに、こんなマークがWordの多面に表示されたとかで、、このマークが印刷されては困るといったようなものでした(笑)




Wordは長文に得意なアプリです。長文にはアウトラインにして作成することで非常に簡単に作成することが出来るようになります。目次の作成をするには、まず「見出しの設定」をして、「参考資料」タブにある「目次」を作成することができます。「ユーザー設定」からアウトラインのレベルを選択しなおすことで目次に表示する内容を設定することができます。今回のように目次には見出し1までを表示させたいのであれば「アウトライン」のレベルを1にしておきましょう。




改ページのショートカットキー




ページを作ったあとからページの追加をしたい時、その追加したいページが1ページ目にしたい時は既にある1ページ目の最初にカーソルを置いてから「改ページ」をします。ショートカットキーは




改ページのショートカットキー:
コントロールキー を押しながら エンターキーです




タブキー




箇条書きの設定をすると、自動的に調整されたマークが表示されて文字列とマークの合間に少し空間があきます。その時にタブキーのマークが表示されます。右矢印のマークで色はグレイですが、これは編集記号なので印刷物に→のマークが印刷されることはありません。




揺らぎ




ウイルスとウィルス  コンピューターとコンピュータのように同じ意味を持つのに表記が同じ文章内にあると「これは統一しませんか?」というようにWordが波線を表示します。この波線が表示されたら必ず確認をしておきましょう。確認する方法は「右クリック」です。このなみせんも印刷されることはなく、編集画面上のみ波線が出ます。この揺らぎ機能が邪魔な場合にはWordのオプションから設定を変更することが出来ます。設定は普段変更することはないので今回は解説を割愛します。




なお、赤い波線が表示されたら「入力ミス?」していませんか?という意味ととらえます。間違っていない場合にはそのままか、もしくは編集画面上にも波線を表示させたくなければ、右クリックのメニューから「無視」を選びましょう。




段落内改行




段落とは、改行マークまでをひとつの段落とします。この段落ごとに記号や番号をつけることはよくありますね。ところが、同じ段落で行を変えたい時に改行をしてしまうと段落が変わってしまうため困る事になります。そこで、同じ段落で改行する時には「段落内改行」をする必要があります。この段落内改行をすると↓のマークが表示されるようになります。このマークも編集記号なので印刷されることはありません。




段落内改行のショートカットキー:
シフトキー を押しながら エンターキーです




ページとページの合間の空白




ページとページの合間が空白に表示されるのが一般的ですが、長文になった時には特にこの空白やページの前後になる余白部分が要らない時があります。こんな時用に用意されている機能ですが、意図してないのに間違って設定してしまうことがたまに見受けられます。この場合にも「ページの合間でダブルクリック」をして戻すようにしましょう。







半角や全角の空白




全角の空白を入れると、□のマークになります。半角の空白は・のマークが表示されるようになります。どちらも印刷物には表示することはありません。全角の文字入力の時に、半角の空白を入れたい場合には




全角モードで半角の空白を入れる時:
シフトキーを押しながらスペースキーを押しましょう。








リボンが自動的に隠れて折りたたまれる




リボンが自動的に折りたたまれてしまって困っている場合には、一度リボンを表示させてから、リボンの画面右端にある小さなクリップのマークをクリックしましょう。リボンがない方が編集する文字の入力画面が大きくて良い方もいらっしゃるのでいろいろ設定ができるようになっています。

スポンサーリンク




アンカー 図形や写真などオブジェクトの制御




アンカー




アンカーは、オブジェクトを選択することで余白に表示されます。マウスで移動することが出来ます。アンカーの位置を変更することでオブジェクトが編集時に動かなくなったりするように制御することが出来ます。




文字列を削除したりすると図形も一緒に消えたりすることも防いだりします。




また、アンカーには他にも鍵を付けたり、表ないの図形を思うように微調整するのにも役立ちます。この編の説明は初心者向けで動画を作っていますので割愛しました、この後は是非受講にてご案内します。







このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別お問い合わせはこちらから

時間的に何度も通うことは難しい方は1日速習や数回のみの単発講座がございます。

単発レッスンのページはこちらから

  • また、YouTube(いなわくTV)で動画をご覧いただいた方で、遠方でお越しいただけない場合はは有料でご相談をお受けいたします。対応は、お電話でのサポートやZOOMなどの画面共有を行います。※Googleの規約上、有料で非公開でのYouTubeでの操作説明が出来ません。ご希望の方は下記のお問い合わせフォームにできるだけ詳しくご相談内容をお書きください。メールではない為、返信の連絡先も必ず明記してください。料金はご相談内容により返信の際にご提示させていただいております。1質問あたり1500円となりますがあくまでも確定額ではございません。事前にお見積りの上ご了承いただいた場合に個別授業となりますのでご安心ください。


お問い合わせフォームは、いつでもお時間問わず受付をしております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください